揺れる心の錬金術師のブログ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよキャスタリア育成、そしてイベント企画始動!
ぴあのが一段落着き、キャスの魔法才能スキルもオール1にして、弓スキルの為にAP貯金が始まったが、それと同時にいよいよ合同ギルイベEXであるファッションコンテストの企画を練り始める段階に来た。やるぞやるぞ!と幕末の幕府による第二次長州征伐みたいなことはいかんし、来週からシューターが実装されるみたいだし、その間隙を縫って大まかな流れから評価の基準などをスタッフ達とよく煮詰めて、7~8月開催でやらかそうと思う。ユーザーイベントと大それたものではない。しかし、運営のイベント連発にも少し食傷気味になっているのも事実ではあるし、自分のやりたかった事をやったからには、次はみんなを楽しませる仕事に取り掛かるのはギルマスでもあり合同イベント主宰の責務でもある。
来月はギルド一周年記念イベントとしてぺちゅ攻略をやるが、その中でもファッションコンテストへの動きを加速させる!

やるといったらやる!この信念は守りたいし!
スポンサーサイト
ちょいとひと休み
昨日今日とオフラインを満喫している。リアルの疲れや、ぴあのの狙撃手タイトルゲットと弓スキル全て修練終了(マスタートレは除く)したことからくる達成感から気が抜けたのも絡んで、またぞろイベントが始まったにも関わらず体を休める事を優先している。

先日、ギルメンのみでドレンエリートをクリア出来てサブマスに感慨深げに胸が熱くなると話した。ギルドを設立→休眠→再起動→新キャラや低累積メンバー中心のギルドだったのが紆余曲折を経て、武道やロードも行くようになった事は表だって言わないが内心はガッツポーズしている。ギルドであらゆる事が出来ることを目標に、各自自分で目標を決めて行動してもらう事が正解だったかな?と感じている。一から十まであれこれ言うより、自分達で何でもやること。それを後押しすることがギルマスの務めであるという考えが、更に確固たるものになった。サブマスと話していたギルドの懸案『横の繋がり』もミーティングで話したが、事あるごとに『横の繋がり』は口を酸っぱくなるほどいうつもりだ。各人どこにでもいける実力はついてきた。が、それをギルメン同士やフレも巻き込んで『狩りに誘えるか』が次なる課題だ。身内だけとか、親しいフレとだけ…では次なるステップには進めない。特に外部ギルドにメインがいるメンバーとギルメンの接し方にも注視している。ギルドが違うから…それではDivisionbellギルドメンバーとしては困る。Divisionbellギルドはサブが入っていればメインもギルドは違えど同じギルメンだ!という考え方を改めて認識させたい。おいらと各ギルメンの繋がりは問題ないが、ギルメン同士の繋がりを次なる課題にしたい。ギルマスが居なくても自発的にギルハンが成立する環境作り。サブマスともよく相談して、環境作りをしていくつもりだ。ギルメンに求めるのではない、ギルメンをその気にさせる。これが大事だ。人は強制されることに少なからず抵抗を感じるもの。マビはゲームだから、遊んでいるのに強制するのは論外だ。だからこそ、やってもらえるよう仕向ける事に心を砕く。それがギルマスの次なる目標だ。相手の考え方や心理状態などもしっかり見極めないと、しっぺ返しを食らいかねないから十分気を付けないといけないが、やる価値は十分ある。Divisionbellギルドが居心地いい!そう感じてくれるなら、苦労を苦労と感じない。なぜならギルマス自身もその状況を楽しんでいるし、笑い飛ばしているし。きつけりゃひと休み。それがギルドのルールだし。自分が楽しくなきゃ他人を楽しませる事など出来るわけがない。

今回のひと休みもギルドの今後やおいらのこれからの予定、合同ギルドイベントの事などを一度クールダウンして忘れ、また心機一転して色々考える為に必要なもの。マビは義務じゃない。改めてオフラインで感じている。ソファーでごろ寝しながらテレビを見る。パソコンにかじりついてエリンで動きまくるのもいいが、テレビを見ながらのんびりうたた寝はこたえられんよ、マジで。

しかし、ギルメンがギルマスを求めている…いや、おいら自身がエリンに戻りたいと思っているから、またパソコンの前に座ってエリンに帰る。一癖あるギルメンの面を見るためにな(笑)
イベント続きでギルイベ企画が疎かになりつつあるが…
ちょいとファッコンについてアイデアが浮かんだので備忘録代わりに書き残す。

ファッコンと単にいうが、それだけではマンネリ化するのは確実。ならばどうするか?所謂サンドイッチだな。ファッコンの合間にオリジナル曲の演奏の場を提供し、一服の清涼剤代わりにするのもありではないか?と考える。カスラックが五月蝿いのでなかなか演奏しにくい環境だが、やる価値はあると思う。不定期ながら永続的に続けるには、常連客を獲得必須だし。

これも考慮しつつ、ファッコンを考えてみる。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。