揺れる心の錬金術師のブログ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再び久しぶりにこちらで個人的所感を…
ほんとに久しぶりだが、What Do You Want From Master?で色々書いたこと以外に、個人的に感じた事を書いてみる。

ギルド再編を試みてはや4ヶ月。色々なメンバーが加入し、メンバー脱退やギルド史上初の加入お断りなど、様々な人事異動があれば、ギルメンが自主ギルドイベント等を行うという、これもギルド史上初の快挙など、ドラスティックな出来事が続いた。しかし、いい事ばかりではなく、問題の火種も燻り続けている。人が多くなれば、必然的な問題だ。その解決にも心を砕く事は当然だが、間を取り持って和解を働きかける事も忘れてはならない。リアルの多忙も重なり、おいらがフレとの交流や別ギルドでの活動が皆無になってしまった。言い換えれば、目を離すと何をしでかすかわからない状況である、というべきだろう。ギルマスにはカリスマ性がある、ギルメンからそう言われたが、それは間違いだろう。相手の心や考えをしっかり読み取り、目配り気配り心配りを心掛けて、初めてギルメンがDivisionbellにいて良かった!と思わせているのだ。人知れず苦労をしても報われるとは限らないが、ギルド運営に心を砕けば砕くほど苦労はかさむ。そして、癖がある連中が寄り集まれば何かしら軋みが生じる。『バカが、お前ら!』と一言に断じてしまえばどれだけ楽か!力ずくで押さえ込んでも反発はあちこちで沸き起こり、ギルドを激しく揺さぶる事件が起こりかねない。歴史がそれを証明している。だからさじ加減が難しいが…一難去ってまた一難、だからなぁ。

ようやく仕事も一段落して、心に余裕が出来たおかげでこちらの『隠し(笑)』ブログにも手出しが出来た訳だが…。来月でいよいよ設立から2年が経過しようとしている。土台は固まりつつあるが、現状では屋台骨が定まっていないまだまだなギルドだ。しかし、おいらもいつまでギルマスをやっていけるか分からないしな。とはいっても、慕ってくれているギルメンがいるのだ。彼らに報いてこそ!のギルマスだ。だからこそ、ギルドを確固たる基盤を作り、万が一おいらが居なくなったとても、ギルドが回っている状況下に置くことが責務だしな。しかし、嬉しいことに後継者と目するメンバーに巡り会えたのは行幸だった。だが、本人にはそんなことおくびにも出さないのは当然だ。しっかり下準備をして…がおいら流だし。ギルド機関紙に本音に近いことを書き始めたから、こちらがさっぱりだったが、また言えない事を書きなぐって逝くことにする。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。